会社員などの本業も続けつつアパート経営を行っているという人もいるという事実

サラリーマンなど、本業があっても副業としてもできるのして、アパート経営も注目を集めています。さらに今だと、アパート新築だけでなく、中古アパートを使っての経営も広がってきているようです。

■アパート経営で行うこととは
やり方として、まずは専門的に経営をすると言うことです。管理人をメインにするものです。この場合にはアパートに常駐して、管理を行います。管理では、たとえばアパート内の廊下の電灯の交換や清掃、ゴミ捨て場のチェックや分別、雑草などの草刈りなどがあります。消火器や火災装置器等あれば定期的なチェックも、必要になるでしょう。

アパートも年数がたてば老朽化するので、建物のチェックなどもあります。また、入居者からの注文やクレーム対応もあります。隣の部屋の騒音などのクレームがあれば、それを その部屋の住人に伝えるなど対応もあります。あとは、入居希望者の募集をしたり、入居OKかの判断やさらに契約を行います。

そして、家賃の収集を行います。

会社員などの本業も続けつつアパート経営を行っているという人もいるという事実

■管理を他の人へ任せてみる
こうしたアパート管理ですが、対応が悪いと入居者の不満も高まり、出ていってしまうなんてこともあります。一見するとアパート経営も、アパートを建ててしまえば、楽に見えたりもします。しかし、対応も大変なのです。そこで、管理自体を専門にしている管理業者へ委託をしたり、また、不動産業者自体に任せると言う手もあります。

リファレンス=アパート経営 http://www.kenyonpowerboats.com/

その費用も不動産業者や管理業者によって変わってきますが、その手間や時間を考えたり、本業があるとなると、なかなか一人で管理もするのは大変かもしれません。

■最後に
こうした委託をするのも、家賃収入の数%で収まるくらいとも言われています。確かに収入はへるので、ローンの返済にも影響しますが、経費と考えて、前向きに検討してみるのもいいのかもしれません。

◆アパート経営と不動産業者の付き合い方
これからアパート経営をしたいという人も多いでしょう。とはいっても、たとえ土地は持っていても、いきなり経営なんて無理です。ネットでも情報はいろいろと得ることもできますが、やはり不動産業者との付き合うことが必要です。

■不動産業者を選ぶときには
不動産業者を選ぶことから、付き合いは始まります。まずは、選ぶときには気になるのが、不動産業者には大手と地元の業者かあることです。一見すると大手がベストのように見えます。というのも、大手であればそれだけたくさんの数のアパートを扱っています。

新築もあれば、中古もあったりするので、どちらでも大手を利用すると、スムーズに進めやすいでしょう。
しかし、大手が必ずしも、あなたのいる地元を対応しているかわかりません。また担当していた人が変わって、対応も悪くなったなんて話もあります。

経営をしていく上で、長く付き合うことにもなるので、人としての相性も求められます。大手だと、異動などで崩れる可能性もあるのです。一方、地元の不動産業者です。その不動産業者だと、地域のアパートの動向や入居希望者の動向もわかっていたりします。

それにより的確なアドバイスを貰えたり、また対応をしてくれます。相談にも親身に対応もしてくれたり、またこちらの希望も通しやすくなる確率も高いなど、メリットもあります。どちらを選ぶにしても、かかる費用の見積もりをとったり、サポートはどあいうことをするのか、管理はどこまでできるのかなど、不明な点は聞いて解決していきましょう。

■最後に
不動産業者とは、アパート建設でも付き合いますし、管理でも一括借り上げを頼むなどの付き合いもあります。まずは、あちこちで相談してみながら、探していくことがいいでしょう。長く付き合うのですから、しっかりと見極めることが大切です。