アパート経営のパートナーとなっていく不動産業者を信頼できるかどうかが重要

アパートを新築して、経営をしたい人には不動産業者との相談が必要になってきます。また、中古アパートを購入してという人でも不動産業者から物件を探さないといけません。アパート経営をするにあたっては、不動産業者と長く付き合い続けなければなりません。

■不動産業者が優良か見極めること
そんな長く付き合うことなる不動産業者ですが、優良なところを探さないといけないのです。残念ながら、悪質なところもあって、建設費用が高かったり、入居者の募集をしっかりとしてくれなかったり、管理もずさんなんてこともあります。こうなると家賃収入も減りますし、ローン返済もできなくなり大変なことになります。

そうならないためにも、優良な不動産業者を探すことは必須とも言えます。実際に見極めるポイントしては次のようなことがあります。宅建業者番号の数字が大きいことです。不動産業者も免許制なのでこの番号を必ず持っています。サイトでも公開しているのが当たり前です。

そもそも公開していなければ怪しいですし、公開している場合、カッコの数字が出ているはずです。それは免許の更新の数なので、大きいほど長く店を経営していることになります。次にネットでの口コミをチェックしましょう。悪質なところだと、対応が悪かったといった口コミも見つかるはすです。

そういったものが少なければ、安心しても良さそうです。また、今だとネットで電話番号で、電話のかかった回数や日にちがわかったりします。優良だと、まあまあ電話のかかった回数もあるはずです。それをみると、どれだけ問い合わせがあるのかも予想できるのです。

全然電話のない不動産業者は怪しいか経営もよくないかもしれません。あとは、物件を見てみましょう。アパート経営が得意であれば、それだけアパートの数も多いでしょう。住宅や土地が多いと、その方が得意分野かもしれません。どのくらいの経営に携わっているかも気になるところです。

■最後に
これらをチェックして、優良かどうかを見極めていきましょう。