アパート経営で長期間安定して家賃収入が得られるようにするために必要なこととは

あなたは、アパート経営のメリットに何があるのかご存じですか。長期間安定して家賃収入が得られることです。私的な年金とも受け取られています。さらに相続税などの税金対策としても、やはりアパート経営は注目されています。

■アパート経営にはリスクがある
不動産業者は、土地を活用してアパートを建てませんかと営業をかけてくることも多いです。何度断っても足を運んできて、結局アパートを建設して経営を始める人も多いのです。また中古アパートを利用してみたいと言う人には、アパートを紹介して経営をスタートさせるということもあります。

やはり不動産業者との関わりはかなり必要と言うことです。しかし、このようにアパート経営を始めてみたが、残念ながらうまくいかない、失敗したと言うケースも珍しくはありません。失敗のケースとしては、入居者が入らないというケースです。これは立地条件が実はよくなかったということもありまくす。

住宅街につくったが、人が集まらなかった、他のアパートがありそこへながれてしまった、交通や買い物など生活に不便だったなどがあります。企業の撤退や学校が廃校など、環境の将来性が怪しかったけーすもあります。また不動産業者が入居者の募集を怠っている、時には連絡すらつかないなんてケースもあります。

また、リスクとしては金利の変動もあります。安いときに購入しても、金利の変動により返済額ふえてしまうこともあります。確かに読めないものですが、やはり変動をきちんと説明せずに勧めてくる不動産業者もいます。また、中古アパートだと設備のリフォームが必要なことを隠していたり、地震や火災対策をしていなかったりなど、リスクが潜んでいることがあります。

■最後に
アパート経営だとすべてが良さそうに、不動産業者は進めてきますが、多くのリスクが隠れています。それを確認したり、また不動産業者から説明をしてくるかチェックしましょう。リスクをよく考えずに経営を始めると、失敗する確率が上がってしまうのです。